未来へのビジョン

持続的に成長できる企業であり続けるために VISION120

オティックスは、現状に満足することなく、
成長し続ける企業であるために
2018 年に「VISION 120」を策定。
創業 120 周年を迎える
20 年後の目指す姿を明確化しました。
これからもチャレンジングな
目標に取り組んでいきます。

VISION01 自動車メーカーからイコールパートナーと評価される開発提案型企業へ成長。

競争の激化が予想される業界内において、他社を凌駕する技術力や営業力、資金力や経営力などを総合的に強化。
顧客からイコールパートナーとして
「なくてはならない存在」と評価される開発提案型企業へ成長し、企業の持続的成長をめざします。

目標に向けた取り組み
  • 開発提案力の強化(お客さまのニーズにあった新製品・新工法の提案。)
  • 良質廉価の製品提供力の強化(納期通りに納入。)
  • 人間尊重型企業としての基盤強化(従業員・家族・地域に愛される。)

※イコールパートナーとは、対等な関係で行う協力や提携のこと。

VISION02 これまでに培った技術やノウハウを活かして、新規分野へ挑戦。

今後、需要の拡大が見込まれる電気自動車・
燃料電池自動車の部品やクルマの電動化に係る
部品の新製品開発を強化するとともに、
ロボットや燃料電池の試作部品製作など、自動車事業以外の
分野への参入も推し進めていきます。

目標に向けた取り組み
  • 電気自動車・燃料電池自動車の部品など、自動車事業での新分野参入
  • 自動車事業以外での新分野参入

VISION120実現に向けたキーポイント!

TQMの活用・強化

持続的成長ができる企業基盤の構築を目的に2014年にTQM強化宣言書を作成。翌2015年にはTQM推進室を設立し、強化体制を整えました。
また、当社TQMの客観的な評価を得るために日本科学技術連盟によるTQM診断なども活用。それにより当社の強み・弱みを分析し、「長期ビジョンと方針管理」「新製品開発と工法開発の連携」「未然防止と工程管理」「モノづくりの進化と生産量管理の強化」の4つを重点的に強化しています。

TQMとは?

Total Quality Managementの頭文字を取ったもので、日本語では「総合的品質管理」と言われる経営管理手法の一種。企業活動における「品質」全般に対し、その維持・向上をはかるための考え方や取り組み方、方法論などの集合体と考えられるものです。

具体的な取り組み
PICK UP!

業界最高レベル・世界最高ランクであるデミング賞を受賞!

オティックスは2018年度のデミング賞を受賞しました。2014年より取り組みはじめたTQMの強化活動が実を結び、最高の形で評価されました。今後もさまざまな取り組みを継続し、持続的成長ができる企業として、未来へと進んでいきます。

デミング賞とは?

TQMが効果的に実施されており、顕著な業績の向上が認められる企業に授与される業界最高レベル・世界最高ランクの賞です。

これらの取り組みにより、
将来的にも圧倒的な
市場シェアを獲得し、
業界での地位を
さらに高めていきます。
また、新規分野にも
参入することで、
新たな経営基盤を構築。
将来にわたって
成長し続けることができる
企業であることを
目指します。